社長挨拶

本気でやればたいていの事は出来る 本気ですれば何でもおもしろい 本気でしていると誰かが助けてくれる 代表取締役 武田秀春

私は、チーム武田を常に意識して行動することを社内に強く打ち出しています。個人プレーよりもチームプレーがより大きな成果を生み出すことを知ってほしいからです。

お客様に評価される仕事であるためには、それに携わるメンバー全員が、チームのために能力を発揮することが必要です。一人でも手を抜けば、全体の効率が低下します。個人個人が「全体最適化」を常に意識して本気で仕事に取組むことを求めています。

経営理念に掲げる「真の顧客満足を実現する」ということは、お客様に、今考えられる最高の商品とサービスを提供することだと思います。お客様が必要とするものだけを提供するために、徹底的にお客様のニーズを研究し、収集し、商品とサービスを磨き上げ、目の前のお客様を満足させることに意欲を燃やさなければなりません。この姿勢を評価されて初めて、達成感と充実感が得られるものだと思います。

世の中は常に変化しています。従って、昨日までのやり方が今日も通用するとは限りません。経験からではなく、情報収集と学習によって優位に立たなくてはなりません。社員全員が今日も情報収集と学習を心掛ける土壌を育てます。

最後に、礼儀正しさは強力な武器となると考えています。チーム武田のメンバーとしてふさわしい礼儀、マナーを大切にして、言葉遣い、会話の内容、挨拶、身なり、表情、作法、時間等に気を配ります。
メンバーの品位は、提供する商品やサービスの品位に強い影響を与えます。

株式会社武田コーポレーション 代表取締役社長 武田秀春